二階

友人が京都に住んでいます。
 築250年は経過している古い家に住んでいました。
 昔は間口で税金が決まったので、鰻床の細長い家でした。
 その家には二階があったのですが、誰も使っていません。台所が吹き抜けで、天井に
窓があり、二階の土壁の障子が台所を見下ろせるようにありました。
 京都のライブハウスで遊んで、その家に泊めてもらったのですが、飲み過ぎたのか、
深夜に喉が乾いて台所で水を飲みました。
 そのとき、背後に視線を感じました。上からです。
 振り向くと、障子がぴしゃりと閉まりました。白くて小さな指が確認出来ました。
 二階は使っていないと聞いていましたし、その指は子供のものです。
 ぞっとしたのは、夜の冷え込みのせいではありません。
 天窓も不気味です。異界へ通じる穴のように見えました。
 早々に寝床に潜り、翌朝、友人にその話をしました。
 友人は黙って二階に私を案内しました。
 古い箪笥や箱が並ぶ真ん中に、それがいました。
 市松人形です。年代物で三歳児位の大きさです。左側の髮だけが背中まで伸び、中途
で白髪に変わっていました。表情は老婆でした。
「多分、こいつや」友人はそう言います。
 一目で尋常ではないものと分かる代物です。
「なんで、こんなもん、置いとくんや」と訪ねたところ、彼の祖父が一度寺に預けたそ
うです。ところが、その夜、二階で足音がする。泥棒かと思ったところ、その市松人形
が歩いていたそうです。
 人形は一言「捨てるな」と言うと、今の位置で止まったそうです。
「ま、害はあらへんから」
 友人はそう言いました。

戻る




- mono space -