廃工場

あるフリーライターが、「幽霊が出る」という噂のある廃工場で泊まり込みの取材をしたときのこと。

現場に着くと夜になっていて、「いかにも」という雰囲気の工場なのだが、門には初老の夜警さんがいた。

廃工場なのに夜警がいる・・・これは本当に何かあるな、と思ったそうです。

「ここで泊まり込みの取材をしたいのですが」

「泊まりで取材?何いってるんだ、君。この中では人が死んでるんだぞ。そんな馬鹿なことはやめなさい」

「いえ、私も仕事でどうしても取材したいのですが・・・」

「仕事というが、中に入れないのが私の仕事なんだ。あきらめて帰りなさい」

「いえ、どうか・・・」

「どういわれてもダメです。中に入ればたたりにあうぞっ!」

祟り、と聞いたときフリーライターは背筋がぞ〜っとした。しかし彼もプロ。

帰るふりをして夜警さんの死角になるところから塀をよじ登って中に入った。

工場内の倉庫のようなところに入り込んだ。

その倉庫内は不思議な雰囲気に満ちていた。

まず、工場内の倉庫なのになぜか壁に絵が飾ってある。

どうも人物画らしいが暗くてよくわからない。

夜が明けたら確認しよう、ということにしてしばらくすわっていると、足音がする。

さっきの夜警さんの巡回だな、と思った彼は倉庫内に置かれていたデスクの陰に隠れた。

夜警さんは怪しいと思ったのか、倉庫の回りを何周もしていたがやがて別の場所に移ったようだった。

ほっとしてデスクの陰から出てくると一瞬頭上にひらひら動くものが見える。

「っっっっっっ!!!!!」、遂に出たかと思ったが、それは倉庫の梁からさがるロープだった。

すっかり気が抜けてしまった彼はそのまま座り込み、持ち込んだ酒を飲みつつ「取材」を続けたが結局朝まで何も出なかった。

すっかり明るくなったので例の絵を確認にいったが、下の方にプレートがかかっていた。

「株式会社XXXXX 第4代社長 XXXXXXX」。これも関係がないらしい。

結構怖かったのに何の収穫も無しで、引き上げようとしたが、夜警さんが昨夜「中で人が死んだ」と言っていたのを思い出して、せめて警備員さんにその辺の事情でも聞いておこうと、入ったときと同じコースでいったん外に出てから門の警備員さんのいるところまでいった。

「すいません、雑誌XXXのものですが、中で人が死んで幽霊がでるという話を聞いたものですから、取材させてください」

「ああ、そんな取材ですか・・・。いいでしょう。あれは私の同僚でした。家族を愛し、責任感の強いやつでねえ。ある日、初孫が生まれたって日に、30分だけ持ち場を離れて病院まで行って生まれたばかりの孫の顔を見てきちまったんだ。で、運の悪いことにその30分に工場が窃盗にあってねえ。高価なレアメタルとか何とかってやつ、ごっそり持って行ちまったのさ。会社は結局工場に勤めてる労働者の首切りをして生き残りを計ったのだが、解雇されたやつが一家心中してねえ。その私の同僚ってやつがすごく気に病んで、とうとう首をつって死んじまったのさ。ここからは見えないんだけど向こう側にある倉庫の梁にロープをかけて。ところであんた、この話はどこで聞いたの」

「・・・夜警の方に」

「えっ?ここには夜警なんていないけど・・・?」


戻る
- mono space -