リカちゃん人形

ある女性が公衆便所を利用した時のことだ。

彼女がふと足元を見ると、そこにリカちゃん人形が転がっていた。

なんでこんなところにリカちゃん人形があるんだろう。

誰かが捨てたのだろうか・・・

人形が可哀想に思えた彼女は、何気なくそれを手にとり・・・

思わずギョッとした。

なんとそのリカちゃん人形には、足が三本も生えていたのだ。

三本目の足は脇腹の辺りから生えており、不気味な土気色をしている。

彼女は思わず人形を床に投げ捨てた。

するとその人形は、リカちゃん電話でおなじみのあの声で彼女に向かってしゃべりだしたのだ。

「わたしリカちゃん。でも、呪われているの、呪われてるの、呪われてるの・・・」

彼女は恐ろしくなり、その場から走って逃げ出した。

ところが、逃げても逃げても彼女の耳からは先ほどの人形の声が消えない。

まるで耳元で囁きつづけているかのように、その声は何日たっても聞こえているのだ。

これに絶えきれなかった彼女はついには発狂してしまい、自らの鼓膜を突き破ってしまったという。

戻る

- mono space -