裏の収益

漫画喫茶はなぜあれだけ安い値段で利益があがるのか?

それは「裏の収益」があるからである。

漫画喫茶には年中ヤンキーがやって来る。(料金が安いからそういう奴らが寄り付きやすい。)

普通の店だったらこういう連中は迷惑なだけの存在だが、漫画喫茶の場合は違う。

むしろそいつらが来るのを待っている。

店内に防犯カメラを常備してそいつらが店員に絡んだり、店の中で騒いだりするのを撮影する。

そして親に数万程度の賠償請求をする(多すぎてもいけない。

無難に出せる金額)。被害届けをちらつかせれば大抵の親は請求に応じざるを得ない。

さすがに何十万ともなると躊躇もしようものだが、数万円程度なら出してしまう。

「カモ」はかなりの頻度でやってくるため、時には正規の利益額を上回ることもあるのだとか。

戻る
- mono space -