図工の時間

恐ナビ

ある小学校の図工の時間。

Sくんは真剣になって版画の仕上げに取り掛かっていた。
いつもSくんをいじめていたRくんは、
Sくんを脅かそうと、2本の彫刻刀を両手に持ち、
真剣に作業をするSくんの後ろに忍び寄った。
(頭の上からいきなり2本の彫刻刀を落として、
Sの版画に突き立ててやろう)
いきなり頭のうえから2本の彫刻刀が落ちてきて、
作りかけの版画に突き刺さる。

Rくんは、驚くSくんの姿を思い浮かべてほくそえんだ。
(あいつ泣くかもしれねぇな。まじでおもしろそうだ)
Rくんは2本の彫刻刀を両手に持ち、
静かにSくんの頭の上へともっていった。
Sくんはまだきづいていない。
・・・と、そのときだった。
Sくんは何かの気配に気づき、
よりによって真上に顔を向けたのだ。

グサ!!
「ぎゃーーーーーーー!!!」
Sくんの悲鳴が教室中に響きわたった。
その後、血の海と化した教室は大騒ぎになり、
Sくんは救急車で運ばれていった。

Sくんが入院してから2週間が経過した。

ガラガラッ!
突然、授業中の教室のドアが開いた。
Sくんだった。
Sくんは絵に描いたような笑顔でそこにたっている。
漫画のような笑顔だ。

そうちょうどこんな具合に・・・。
(⌒_⌒)

RくんがSくんの目に突き刺してしまった彫刻刀は、
2本とも丸刀だったという・・・。

この恐ろしい話を読んで眠れなくなってしまったかた・・・
申し訳ありません。

戻る
- mono space -