笑い声

ある日、午前の部活を終えた俺はくたくたになりながら家路を急いだ。
家に着き昼食を終えた後、居間でゴロゴロしながらテレビを見ていると
部活の疲れからかそのまま眠りについてしまった。

起きた時にはすでに時刻は夕方。
家にいるのは、別室にいる母親だけか?
だいぶ汗を掻いたようだ、体のベタベタ感が気持ち悪い。

シャワーを浴び汚れを落とし、着替えを取りに2階の自分の部屋へ向かう。
すると、隣の姉の部屋から笑い声が聞こえてくる。


どうやら姉も家にいたらしい。
どうせまた、友達と電話でくだらない話でバカ笑いしてるのだろう、いつものことだ。
俺は姉に貸している本を返してもらおうと姉の部屋の前に行きドアノブに手をかけた。

その時だった、下から母親の声が聞こえてきた。

「○○ー(俺の名前)!お姉ちゃん今バイト終わって帰ってるんだけどなんか買い物で頼むものある?」

そういえば今日は姉のバイトの日だったな。

・・・・・。

俺は急いで階段を下り母親のいる部屋へ逃げ込んでいった。

笑い声 解説



戻る
- mono space -