私は、昔から、ちょっと霊感体質なところが

私は、昔から、ちょっと霊感体質なところがあり、
とくに、風邪などをひくと、霊を見たり感じたりする傾向にありました。

ある寒い夜の話です。

私は、何か気配を感じて目を覚ましました。

目は閉じたままでした。

いつもインターネットを夜遅くまでやってしまうので、
たぶん、明け方近かったと思います。

私の上を何かが走り回っているのです。

それは、子供でした。

私の布団の上を、男の子が泣きながら走り回っていたのです。

「えーん・・・・えーん・・・開けてよぅ・・・開けてよぅ・・・」

男の子は、2、3歳ぐらいで、何かお菓子の袋を持っており、
それを開けてくれと泣いていました。

私は、目を硬く閉じているのに、何故か姿が見えるのです。

子供はひとしきり私の上を走り回ると、
私の目の前に顔を近づけ、

「開けてよぅ、開けてよぅ・・・・」と言うのです。

絶対に目を開けちゃいけない!!
と思いました。

なぜなら、男の子の姿は見えるのに、
男の子の顔は暗く見えないままだったからです。

私は、顔を見てはいけない!!

顔を見たら、大変な事になるという予感がしたので、
ギュッと目を閉じていました。

これまで経験したことのないような恐怖でした。

体も全く動かず、早く行ってしまってくれと強く願うしかありませんでした。

あれ以来そういう事はありませんが、
前に風邪をひいてから霊感体質まま戻らなくなってしまい、
この頃よくこの世の者ではないものを感じてしまいます。




戻る
- mono space -