郵便受けに..

89 :名も無き被検体774号+:2011/08/06(土) 10:17:07.63 ID:hpwgq86EO
ある夜、マンションの郵便受けに手紙が挟まっていた。
部屋に戻り中身を見ると、赤い紙に黒い字で「2」と書かれていた。
これまでも「5」「4」「3」と書かれた、不気味なカウントダウンの手紙が届いている。
「どうせイタズラだろ。明日、誰が入れてるのか突き止めてみるか。」
特に気にも留めずそれを捨てた翌日、また手紙が来ていた。 そのとき、手紙を郵便受けに入れていたのは、配達員だった。
「どうも。連日のお勤めご苦労さまです。」
「こんにちは。」
一通り、軽い会話を済ませ、配達員は戻っていった。
部屋に戻り中身を見ると、同じような形式で「0」と書かれていた。
「1…じゃない?」
手紙の数字はすでに0になっていた。
イタズラだとは自分に言い聞かせていたが、友人は家を空けていた。そういえば、残業だったんだっけ。
やむを得ず、その晩はネットカフェで過ごした。
翌日俺の部屋の前に戻ると、俺のカギのスペアを持った郵便局員が倒れている。そして、閉めたはずの俺の部屋の扉が開いていた。
「どうしたんですか!…何か持ってる。」
郵便局員は手紙を持っていた。
「…『111』?」 意味が分かった途端、俺は動けなくなった。

郵便受けに.. 解説




戻る
- mono space -